一戸建てを借りるデメリット

家探しをしているなら、賃貸一戸建てと賃貸アパートもしくはマンションのどちらが良いのでしょうか。

賃貸一戸建ては賃貸アパートや賃貸マンションと比べメリットもありますが、デメリットもあります。そのデメリットの一つは維持管理が大変であることです。賃貸アパートや賃貸マンションのほとんどは庭がありません。ですから、そのための管理に時間や体力を必要とすることはありません。しかし一戸建ての場合にはそうではありません。普通は庭がつきものですから、しっかり維持管理を継続的に行なう必要があります。家の周辺の草取りをしたり、また秋になれば枯れ葉を掃除しなければなりません。

夏の時期は特に草が繁茂しますので、草取りのための多くの時間や体力が求められます。さらに電気やガスなどに不具合が生じた時には自分で連絡しなければならないということもデメリットです。賃貸アパートやマンションの場合には管理費の中にそれが含まれているため、自分で行う必要はありません。

賃貸一戸建ては全てを自分で行なう必要があります。近所付き合いもデメリットとなることがあります。マンションやアパートの場合は、お隣について気にかける人は殆どいません。しかし、一戸建ての場合は、不必要に興味や関心を示す隣人も少なくありません。そのために煩わしさを感じるということもあります。もちろん良い面もたくさんありますが、デメリットも少なくありません。もし家探しをしているなら、これらのデメリットとデメリットを比較して決定することが賢明です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *