新築の一戸建てのインフラ

一戸建てを新築するときには、インフラも確認しておく必要があります。

インフラとは、水道やガス、電力です。水道は通っている水道管の種類を把握しておく必要があります。水道管は20ミリから25ミリ位のものが用いられるのが一般的ですが、13ミリのものが使われていることもあります。細い水道管の場合、水圧が弱くて使いにくく感じることもありえるでしょう。電力については、どれくらい使うのかを把握しておく必要があります。電力容量が小さいと、多くの電気機器を使うことができなくなることもありますから注意が必要です。

電力については現状の契約がどのようになっているのかを把握しておくことは必要なことの一つです。一戸建てを新築した時に、より多くの電力を消費する可能性があるのなら、電力容量を高めることも必要ですが、その場合には引き込みをしなおさなければならないことも多いですから、コストを計上しておく必要があります。

ガスについてはプロパンは避けるというのが基本的な方法です。最近では都市ガスが多いですが、未だにプロパンを利用しなければならないケースもあるそうです。プロパンはランニングコストが高いですから、できれば避けるべきでしょう。もしも都市ガスを利用できない地域なのであれば、別の土地を探すのも良い方法です。また、一戸建てを新築するときにオール電化を選ぶのも良い方法で、これなら余計なコストをかける必要はないと言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *