建設会社でも個人住宅に力を入れてきています

建設会社といえば大型の建物や道路などを作る仕事と思われがちですが、昨今では一般向けの住宅建設にも力を入れてきています。

建設会社が一般住宅を作る際には住宅メーカーのように建売で作ることは少ないようです。お奥の場合はデザイン住宅と呼ばれるカスタマイズ前提の住宅建設をすることが増えています。デザイン住宅はこれまでの建売住宅とは根本的に異なっており、設計の段階から発注者との意見交換が頻繁に行なわれます。注文住宅でもこの方式はとられますが、デザイン住宅はひな形となる建物がある注文住宅とは違い、まったく新規に発注者の意見やイメージを元に組み上げる点が異なります。

建設会社では持っている技術を活かし、一般住宅の建設を行いますが、デザイン住宅については間取りや水回りも一件ごとに異なることが多く、コストがかかるのですが、住宅メーカーとの差別化もしやすいことから薦めている建設会社が多いようです。また、住宅メーカーでは建設しづらい地下設備や防音設備なども技術と経験を活かして施工されることが多く、発注者側にも大変好評を得ているようです。

また、住環境と言えば快適な生活環境と考える方が多いのですが、エコな生活にも関心がある方が多いです。そのため、通常の床暖房や蓄熱型ヒーターでは光熱費が掛かり過ぎるため、太陽光やガス発電などを併用したいと考える方も多いようです。建設会社の場合、大型建築などで省エネ技術を多数施工して実績があり、一般住宅でも有効な省エネ環境を作ってくれるとして大変好評です

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *