中古マンションリフォームの注意点とは

中古マンションは新築マンションに比べると同じ立地条件や平米数でも価格が手ごろで買いやすく、また内装が古くても自分の好きな部屋にリフォームできるという楽しみがあり人気となっています。

ただ条件が良いからというだけであまり考えずに購入してしまうと、いざリフォームという段になってあれもこれも実は無理でしたとなり、思っていた通りに施工ができないという事にもなりかねません。ではリフォームを前提で中古マンションを購入する際注意する点はどこなのでしょうか。まずは間仕切り壁の移動や間取りプラン変更ができる構造なのかをチェックしましょう。

マンションには色々な構造がありコンクリートの壁で囲まれていて、間仕切りの壁は木や軽量鉄骨でできているマンションは大幅な変更が可能です。反対に間仕切りや柱などコンクリートで出来ているマンションは、それを壊したり移動することが出来ないので間取りの変更が不可能になります。ですから購入予定の中古マンションが希望の間取りにできるかどうか、しっかりと事前に構造を確認することが大事になります。

次にほとんどの方が水周りも新しくされると思うのですが、今ある位置では無く他に移動しようとする場合には注意が必要です。水回りの移動には配管やガスなどの工事が必要になるため費用がかさみますし、移動できる範囲が限られてる場合があるからです。加えてマンションには管理規約や使用規則などがあり、それらの規則にはリフォームに関する規制が定められています。購入前には不動産屋さんなどに頼んで、何ができず何ならOKなのかを知っておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *