新築一戸建てを選ぶとき、公共サービスも見てみよう

新築一戸建て物件を選ぶ際、様々な自分に合った条件で選ぶ事が多いでしょう。

例えば駅や会社から近いことなどの交通の便を重視したり、あるいは買い物のしやすさであったり、子育てがしやすいか周辺環境で選んでみたり。しかし公共料金が安いか、という観点で選ぶ人はあまりいないかもしれません。けれど新築一戸建てを購入するということは一生そこに住む可能性が高く、水道やガス代が高い場所を選んで住むとなると、トータル的には損をしてしまうかもしれないのです。

そこで自分にとって外せない公共サービスはいったい何かを念頭において新築一戸建て探しを行うと良いでしょう。これは水道やガスといった公共料金はもちろん、高齢者福祉や行政サービス、住宅インフラなど様々なことが含まれます。特に最近注目したい行政サービスは子育て支援です。新築一戸建て物件を探す年代の多くはこれから子育てをする家庭が多く、住む場所による子育て環境は大切です。

子供一人生まれたらお祝い金として五千円もらえる地域もありますが、過疎化が深刻で子供を増やしたい場所によっては10万円以上のお祝い金や医療費が子供が成長するまで長く無料の地区もあります。意外と知られていない行政サービスの格差、水道料金や下水料金だけでも大きな差がある所もあるので、気になる地区は比べてみましょう。自分にとって住みやすい条件を考えておくのも、新築一戸建て購入の際選びやすいポイントとなります。
ガス料金が安くなるのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *