バイオ式生ごみ処理機はすぐれた環境性能

各自治体でかなりの量となる生ゴミは、全体の40パーセントと言われています。

お店や食品工場で出る生ゴミの量がよく話題になりますが、せめて家庭くらいは生ゴミを減らしたいと思っている方も多いのではないでしょうか。生ごみの処理の仕方で最もシンプルなものはコンポストですが、においや虫に対して周辺に迷惑をかけない場所が必要で、だれでも出来るものでは有りませんし、ゴミの移動も面倒です。そこで、以前から生ごみ処理機が有りますが、金額的に厳しいと、購入をためらわれる方も多かったのではないでしょうか。

しかし、機種によってはとても安い物も有り、自治体から助成金の対象になっている製品であれば、数万円位は戻ってきますので、自治体に問い合わせてみると、生ごみ処理機を購入しやすくなります。そして、よりゴミの量を減らす事が出来る生ごみ処理機にバイオ式というタイプのものが有ります。このタイプは、生ごみを分解する細菌の入った土のような材料を使用して、電気と併用で処理する事で、ほとんど生ゴミを無くす事が出来るようになっています。

生ゴミは分解されると水と炭酸ガスになる為、最もゴミが出ない生ごみ処理機と言えます。しかも、分解が早いゴミであれば数分程度でなくなってしまうほど、処理能力が高いのが特徴です。また、ペットの糞も処理できますので、屋内でペットを飼われているお宅にも重宝します。金額は決して安いとは言えませんが、環境への配慮と便利さの両方を備えているので、先述の助成金も利用する事で購入を検討してもよいのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *