給湯器交換で大切な冬の準備

夏に給湯器交換を依頼すると、冬場に大切な凍結防止の作業が入っていない見積もりを提出し、工事を終わらせる業者がいます。

特に寒冷地では配管の保温に気を配るだけでなく、凍結防止ヒーターを設置しないと凍結破損してしまうこともあるため、夏場の工事でもしっかりと対応して貰うべきです。給湯器交換には地域の値段格差がり、需要や供給のバランスによっても大幅な違いがあります。このため、業界最安値や地域で安いなどという謳い文句はあまり信用せず、価格が安いところに頼みたいのであれば、複数の業者に見積依頼を行い、比べたほうが確かです。

給湯器交換工事で、配管替えなどがある場合には資格を有している人が施工し、市役所の検査を受ける必要が出てきます。給水管やガス管ばかりでなく、電気の配線をするときなどもです。作業者本人が施工資格を持っていることも大切ですが、業者自体も市から許可を受けた業者でなければ、工事の着工や竣工を届け出て、その後検査を受けることができないのできちんと確認するべきです。

全国対応をしている業者は特に、確かめましょう。これまでとは違うタイプや最新型を設置した時には、必ず使い方のレクチャーを受けて、故障が発生した場合の対応の仕方や、地震が起きたときに対処が必要なことを聞いておくべきですし、操作マニュアルなどは分かりやすいところに保管しておくと良いです。異常があるまま使い続けたりすると危険なこともあるので、燃焼中などに定期的に音を聞いておくと故障に気づきやすくなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *