給湯器交換のあれこれ

給湯器には電気式とガス式のものがあります。

最近は電気式の給湯器が一般化し始めていますが、現状ではまだガスの給湯器のほうがより多く流通しています。ガス式の給湯器の特徴は、水道の蛇口そばに装置が設置されており、壁に固定されているリモコンボタンを押すとお湯が出る仕組みが一般的です。20年以上前の給湯器を使っている場合にはお湯が沸くまでに時間がかかってしまう可能性があります。

もし給湯器が壊れて給湯器交換をする場合には最近の新しい給湯器を利用することで熱交換機能が進化しているため割と短時間でお湯を沸かすことが可能になります。給湯器交換をするときには、電気の給湯器に変えたいと考える人もいるようです。

確かに電気給湯器のほうが毎月の光熱費を減らすことが可能になります。しかしながら、ガスの給湯器から電気の給湯器に交換するのは割と大掛かりな工事が必要になりますし、その分費用も余分にかかってしまいますので、予算に余裕があれば電気式の給湯器を利用してみてもいいでしょう。給湯器交換をする場合には、サイズを間違えないようにする必要があります。

確かに最新の給湯器であれば性能もアップしていますが、今まで使っていた給湯器の容量が大きめなのにも関わらず、新しい給湯器の容量が小さめであればいくら最新式でもお湯がなかなか沸きにくくなることがあります。給湯器には16号、20号、24号などのサイズがあります。24号は4人家族から5人家族で使うものですが、24号を使っていたのに間違えて20号を買ってしまうと不便になりますので、号数は確認しておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *